ご存じですか?          


こんなに恐ろしい、ハトの害

1.体への被害
 ●サルモネラ食中毒

集団食中毒の多くが、サルモネラ菌によって起こります。この菌はネズミの排泄物によって媒介される

のですが、ハトの約2%がこの菌を保有しその菌からサルモネラ食中毒が起こってます。

 ●脳炎

ハトも脳炎ウイルスを保有することがあり、コガタアカイエカの媒介によって人に感染します。

高熱・頭痛・嘔吐があり、2,3日後に意識混濁、けいれん等が起こります。

感染した人の20%は、治っても手足の麻酔や知能障害などの後遺症が残ります。

 ●アレルギー 

羽毛や乾燥ふん末により、喘息発作を伴う重いアレルギー症状を起こすことがあります。

また伝書鳩の飼育者のなかには抹消ガス交換組織を侵す肺疾患が発生することがあります。

これは、ハトの排泄物中の抗原を吸入することによって引き起こされます。

その他、オウム病・クリプトコッカス症・トキソプラズマ症など、様々な恐ろしい病気を

引き起こす可能性を持っています。

2.ハトの外部寄生虫
 ●トリサシダニ

全世界の温帯に分布し、家畜、野鳥を吸血するが、人を刺すこともある。

 ●ワクモ 

昼間は昼間は鶏舎の壁などに潜伏し、主として夜間鶏を襲う。ハトに寄生し、人も吸血されるが

この場合、寄生は一過性である。その他、ウモウダニ・ヒメダニ・ヒナイダニ・・・など。

3.排泄物による被害
  

  ハトは食欲旺盛であるため排泄物が多い。糞はその成分特性より洗浄が困難で、長期間放置すると

  金属類の腐食促進する。
4.騒音被害
  

  ハトが群妻する時や繁殖期における各種の求愛ディスプレイに

  よる鳴き声や羽音による騒音障害があります。